消毒、なお犬様。




消毒、なお犬様。
snap_5345pma290_20168520647.jpg
きのう切開した花ちゃんのほっぺた。
毛が剃られていて赤みもあるけれど
処置後ジワジワ出ていたやつも止まりました。
膿胞の袋は残っているので少し腫れてはいるけれど
きのうまでとは別犬です。
我が家に来てからおよそ2年間、毎日見てきた顔にだいぶ戻ってきましたよ。
よかった、よかった。

DSCF2715_convert_20160825202641.jpg

傷口はこれをコットンに含ませて軽く拭きます。
沁みないようで、嫌がらないから想像してたより楽チンです。
消毒といっても薬ではなく、清潔にする作用がある水だそうで
目や口に入っても大丈夫なのですって。
そういうわけで、涙を拭くのにも使用中。



場違い、なお犬様。
DSCF2732_convert_20160826200446.jpg
ニューアイテムなエリザベスカラー、ずっと気になっていたのに
ろくに確認をさせてもらえなかった福ちゃん。
消毒が終わってふと見たらお寛ぎのご様子ですよ。

ふかふかだし、気持ちはわかるけれど間違いです。
寛ぐ場所ではないですぞ。


***********************************************************


忘れないうちに、覚え書き。


=抗生剤で抑えられない理由として考えられること=
・ばい菌の侵入が続いていて薬が追いつかない
※どこから入ってるのか不明
・抗生剤が合っていない(2種類使用した)
※培養検査で調べる


=ばい菌の侵入経路=
症状からすると、歯・歯茎からの可能性が高いけれど
欠けた奥歯はまだエナメル質で覆われており
ばい菌が入る状態ではなさそう。
また、歯根にもレントゲンで炎症はみられない。
歯周ポケット・歯茎にも異常なし。



きのうの先生は歯科専門の動物病院にいたそうで
かなり詳しく説明をしてくれました。
検査や処置など今の病院ではできないこともあるので
その時は紹介して頂けることになりました。
いまは培養検査の結果待ち中。
はやく出ろー。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村


2016_8_26_01_convert_20160826200416.jpg
ふくちゃんも  つけてみたらー。


スポンサーサイト
.26 2016 身体のこと comment8 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

kom

Author:kom
二頭のジャックラッセルテリアと中年夫婦の
備忘録。

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

フリーエリア

カテゴリ

最新コメント

カウンター

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ